BLOG
ブログ

sungrove

2018.11.24 |お客様の声

比べないの意味

身体も心もヨガで整えよう
パラダイスヨガ&フィットネス代表ヨガ講師のともこです。


人と比べない、のがヨガなの?について




代行レッスンをさせていただく機会もたくさんありまして、様々なスポーツ施設へ出向きますと

色々な方から質問を受けます



「ヨガのポーズは比べちゃいけないのよね」

「競わないように、って先生が言ってた」


この「比べない」はだいぶ浸透しているみたいで

わたしも最近はみなさんおわかりでしょうから

クラスでもあまり言っていません。


いわなくても、みんなだいたい分かってますね


私のクラスでは「比べないでね」の代わりに

よく言ってる言葉があります。


「身体の内側の変化がわかるように動いて」

「鏡の自分ではなくこっちに意識を戻して」

「視点を安定させて〜を見て」

「自然な呼吸の流れを追って」


などなど、そうすると、ほら意識は外に向いてないから自分以外のものは目にはいらず

比べてるヒマはないはずです。


ないはずなのに、比べていた、のは

外側を見ていたのね、ってこと

「比べないようにしましょうね」って言われたって意識がブレたほんの一瞬に比べちゃう心のくせです😳


比べるとか、競うって

ひとの心の傾向だから

比べないひとはもとから全く比べないてないんですよ。


(私は一人っ子で競争がなく育ったせいか

もともとあまり「負けず嫌い」とか

そんな感覚はもともとあまりないです。)


ヨガのアーサナ(ポーズ)の場合。

柔軟性や筋力がある程度必要ですね

周りの方をみて、どんなふうにポーズをするのか

学びとるのはいいでしょう


ただ身体は人それぞれですし

年齢も経験も性別も違うから、出来ることは当然人によって違う。



身体が柔らかくても硬くても

あなたの意識がどこに向いているか


ポーズは安定していて、無理がなく、心を無辺なものに合一できているか

パタンジャリ先生(ヨーガスートラの取りまとめをした人)も重要視した


「アーサナとは」


みんなと同じにしなくていい。


「身体の葛藤が消える」なら

肩をひとりだけゆるめても


{C60F0E30-94AA-457A-9AE3-F09EF2C73C6C}


べたっと身体を二つ折りにするのは

自慢したいわけでも、曲芸でも、試合に出るためでも

なんでもなくて

{23196540-06C1-41BB-BF83-BD374DEECA88}

いまこの一瞬に

呼吸とこころと身体が折り重なって調和する

リラックスと集中です。

案外股関節使います。



ヨーガの伝統とかで「比べないで」と書物に書いているわけでもなく


お師匠さんが「比べないで!」って言うものでもなく


日本人がよほど、周りを気にしたり 周りにあわせたりする気質だから出てきた認識かもしれません。



だから周りと調和できて、自分が出来る範囲で

少しずつ、

やっていけば、大丈夫🙆です。



パラダイスヨガのクラス体験お申し込みはparadisetomoko@gmail.com

または公式LINEアカウントはこちら

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,
Studio So An ヨガクラス体験1回1500円
3回体験3000円(30日間有効)
問合せ・体験受付メールparadisetomoko@gmail.com
宝石緑クラススケジュール
宝石緑ホームページ
宝石紫講師紹介

sungrove